訪問介護

訪問介護とは、病院ではなく住み慣れた自宅に居ながら介護サポートを行ってもらえるサービスのことを言います。

具体的には、介護福祉士やホームヘルバーが利用者の家を訪問して入浴や排せつ・食事などの身体介護を行ったり、調理や洗濯・掃除などの生活援助を行います。

こう言ったサービスを行いますから中にはお手伝いさんと勘違いしてしまう利用者いるようですが、訪問介護はあくまでも身体に不自由を感じている方の生活を手助けすることになりますから、何でもかんでもお願いできるというわけではないということは理解しておかなければならないでしょう。

訪問介護の中でも身体介護といわれるものは利用者に直接触れて行う介護になります。目的は日常生活のサポートで日常生活の活動能力のフォローを行い自立できるように支援するサービスになります。

対象者は要介護1以上の認定を受けた方が対象です。訪問介護を受けるためには、介護保険担当窓口などに相談し申請する必要があります。その後に訪問調査や医師の意見書が必要な場合などがあります。

どのような手続きが必要なのかは県や市町村によって違いがありますからまずは確認する必要があるでしょう。介護保険等についても十分に理解することが必要になります。

高齢化社会が進んでいく中で、これからますますその必要性が高くなってくることでしょうから、正しい知識を持っておきたいものです。